気まぐれな雑記

気まぐれでいろんなことを書きます。

ガンダム近況報告

f:id:onodazz501:20170614234145j:image

エクストリーム理不尽マッチがやっと終わり、まともなマッチングを始めた固定ですが相方との都合が合わないのでしばらくシャッフルで一喜一憂する日々。

 

最近シャフだともっぱら25機体に乗ることが多いです。

機体対策の経験にもなるため様々な25に乗っています。

その中でビビっと機体が機体がありまして…それが“レジェンドガンダム”。

 

特徴をざっと書き並べると

・耐久600

・メインからキャンセル可能のアメキャンあり

・ドラグーンの回転率が良い

・格闘もそこそこ強い

と言った感じの典型的な射撃寄り万能機です。

 

巷じゃプロヴィの下位互換なんて言われてますがプロヴィとは結構差別化出来ているのではと感じます。

 

そもそもアメキャンがある時点でプロヴィとは明確な有利点ですし、射撃戦が得意なのも比べるとレジェンドの方が優れています。

 

ただ単発ダウンが取れる武装が無いのとCSがなかなか扱いづらく、メインとドラグーンで地道にダメージを取っていくという今のシャフのセオリーであるゲームをする前に狩れ、というのに合わないためなかなか使われません。

 

それと、この機体の特筆すべき点として挙げておきたいのはビームスパイクですね。

これはオールレンジ攻撃でありながら、シールドビット系や射撃バリア系の武装を貫通して攻撃できる唯一無二の武装です。

この武装をどう扱うかによって相手へのプレッシャーも変わってくるでしょう。

 

と、まぁとりあえずは書き並べてみましたがとにかくこの機体は覚醒中以外はひたすら得意距離を保って射撃戦をするという機体です。

 

相方との連携も非常に大切になってくるので相方の後ろにくっつきながらドラグーンを撒いて援護をする、というような動きを心掛けると良いです。

 

ちなみにオススメの覚醒はS覚醒です。

N特射青ステアメキャンのムーヴがなかなか強いのでオススメです。

 

それではもうすぐバスターガンダムの解禁です。良いガンダムライフを。

【WIXOSS】デスビームはリピートエンドの下位互換なのか

f:id:onodazz501:20170317230922j:imagef:id:onodazz501:20170317230925j:image

今度発売される新パックの収録カードであるリピートエンドが公開された。コストは黒2に無色1、コインベットでのアンコールにも対応している。

 

ここで引き合いに出されたのが最強のデスビームだ。

デスビームはイオナのストラクに収録されたアーツで、コストは黒2、白2で、効果はアンコール無しのリピートエンドだ。

これだけ見ると完璧にデスビームがリピートエンドの下位互換だが、それは違う。

以下の点で圧倒的にデスビームの方がリピートエンドより“勝っている”のだ。

 

・その1→限定が付いている

リピートエンドには限定が付いておらず、どのルリグにも採用できる。対してデスビームにはイオナ“限定”である。

これは一見すると汎用性を狭めているように思われるが実はそうではない。

これは限定があるからこそ、「お前…デスビーム使えないのか?、俺は使える」

という圧倒的ヴィジュアル的なアドバンテージを得る事ができるのだ。このアドバンテージに相手はなす術なくきっとサレンダーしていくだろう。

・その2→絵がイオナ

多分これが一番のアドバンテージであろう。リピートエンドはよく分からないぽっと出のグズでノロマなグズ子と意味不明なキャラが出ていてその時点でキャラクターアドバンテージが低い。

対してデスビームのイオナ様のかっこよさよ。素晴らしさが滲み出ている。

・その3→コスト

コストにもデスビームには特別感が溢れている。

リピートエンドのコストは黒2無色1。これは無色というどんな色でも払えるトンデモビッチアーツである。

対してデスビームは黒2白2というリピートエンドよりもコストを多くして圧倒的“切り札”感を演出、更に指定の色でしかコストを払えない所に圧倒的“プレミアム”感を演出。正に“選ばれし者”のみが使える最強の切り札アーツである事を証明している。

 

・総括

まだまだ1145141919810931もの有利説を準備しているが流石にここに書くわけにもいかないので厳選された説をここに書いた。

これを読んだ読者なら如何にデスビームがリピートエンドよりも勝っているか分かった筈だ、「リピートエンド最高!デスビーム雑魚!」と思っていたそこの君、今からでも遅くない。デスビームをルリグデッキに入れるのだ。我々は常にデスビームを使う者を歓迎する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※これはネタ記事です。

【EXVSMBON】ホットスクランブル

遂にホットスクランブルガンダムが先行解禁されました。

 

乗ってみた感想としてはサブと特射が本当に強い。特格はあまり出番がない印象。

 

特射は銃口補正、誘導、弾速の三拍子揃って優秀です。サブも使い分けで降りテクにも牽制にも使える便利武装でした。

 

ただ3000コストにしては素直な武装が多いのでプレッシャーをかけるのがプレイヤーの腕にかなり依存してるように感じました。

 

私には合わなかったのでクアンタとエピオン乗ります。

【EXVSMBON】お前もガンダムだ

最近サブカも中尉になりました。

 

スポランでエピオンが優勝して騒がれてる今日このごろ、やっとエピオンが使えるようになってきました。

 

格闘機辛くない?このゲーム

 

クアンタ上方はよ

 

【WIXOSS】ピルルクアンチは何故生まれたのか

どうも、ディレイですよ。

今回は某炎上王のブログを読み、色々と感じる事がありTwitterで呟こうかと思いましたが長くなりそうなのでここに書き留めておきます。

※筆者は特定の思想を貶す為にこの文章は書いていません。予めご了承ください。

【その1、WIXOSSって?】

f:id:onodazz501:20170314215301j:image

この話を語るのにWIXOSSって何?という所から始めたいと思います。筆者自身もデッキは持ってる、という体なので見当違いな所もありますのでそこはご容赦を。

WIXOSSとは、アニメや漫画、TCG等のマルチメディアで展開しているコンテンツです。

内容を簡潔に言うと女の子達が自らの願いを賭けて「ルリグ」と共に戦う作品です。

今回はTCGの話に重点を置いて書きます。

【その2、ピルルクって?】

ピルルクは先述した「ルリグ」の中の1人です。ピーピング(相手の手札を見る事)や、ハンデスを得意とする戦術を使います。

f:id:onodazz501:20170314215746j:image

(画像はすき家コラボの時の物。可愛いですね) 

【その3、ピルルクは何故叩かれるのか】

そろそろ本題に入りたいと思います。

何故ピルルクアンチが生まれたのか、それは、相性の良い《幻水姫 ダイホウイカ》(以下イカと称します) を入れたピルルクデッキが長い期間環境トップを取り続けているからだと考えます。

f:id:onodazz501:20170314220257j:image

(幻水姫 ダイホウイカ)

ここで WIXOSSの環境についてデータがあるので紹介しておきますf:id:onodazz501:20170314220944p:imagef:id:onodazz501:20170314220928p:imagef:id:onodazz501:20170314220956p:imagef:id:onodazz501:20170314220804p:imagef:id:onodazz501:20170314220800p:imagef:id:onodazz501:20170314221053p:image 

(引用元:http://www.takaratomy.co.jp/products/wixoss/column/)

見ての通り、イカが出た12弾の後ずっと環境入りしています12、13弾は上位陣がまだいますが、上位陣達に規制がかかった14弾以降はずっと環境トップを守っています。(この間ずっと強化を受けてます)

【その4、イカの何が問題なの?】 

f:id:onodazz501:20170314223212j:image

ここまで読んできた皆さんはふと思うでしょう。「あれ?これイカとピルルク関係ある?」と、そうです、ここまでだと別段問題無さそうに見えますがここからが問題なのです。今のWIXOSSの環境下ではほんの数種類のルリグを除くルリグ達はイカが無いとまともに戦えないと言われています。(勿論、イカ無しでも大会で優勝したりする人もいます)

そのイカが環境トップのデッキに入るとなるとどうなるでしょう。答えは簡単、イカのシングルカードの値段相場が跳ね上がるのです。

今は店売で4000円〜5000円位で取引されています。これが4枚必要ですから必然的に流通量が少なくなり、また相場が上がります。またWIXOSSの悪い(?)所が過去のパックの再販をあまりしないというところです。このお陰でプレイヤーの間には一定量の枚数しか出回らなくなります。その代わりに、WIXOSSでは再録、という形で過去のカードを救済し流通量を増やしています。

ここでWIXOSSのあくどい所はこのイカの再録を実質的な最上位レアリティのシークレット枠(元々はSR)にぶち込んだ事です。シークレットに入る確率なんてたかが知れてますしこのシークレットが現在SRの相場よりも高い状態です。

【その5、結局どういう事だよ】

結局は、ピルルクアンチは環境トップがイカを使ってるせいでイカが高くなる。ならばピルルクが環境から落ちれば…しかし強化が来るから落ちる見込みがない…勝てない…だからピルルクを叩く流れになってしまったのだと思います。(実際筆者もそうでした)

そして、ルリグにも沢山の種類があります。なのでどうしても強化しきれないルリグが出てきてしまいます。しかしそういったルリグが居るのにひたすらピルルクは毎弾強化されてる…どういうことだってばよ!?というのが更にこの問題を加速させてると思います。

f:id:onodazz501:20170314223237j:image

【総括、タカラトミーはさっさとストラクにイカを再録しろ】

f:id:onodazz501:20170314223549p:image

やはりこの問題を解決する為には各ルリグの偏りのない強化、そしてイカの早急なストラクへの再録が求められます。

幸い、つい最近のイベントでマイナールリグ達へのテコ入れが決まりました。素直に待ちましょう。

 

ここまで読んでくれた皆様、本当にありがとうございます。よかったら炎上王ぱくしんのブログも見てあげてください。

何故ピルルクばかりに強化が入るのか、あれが真実だと思います。

 

 

 

【追記:ピルルクの人気】

ピルルクはハッキリ言って物凄く人気があります。1期のアニメでもかなり活躍しましたし、なんとキャラ総入れ替えの2期でもピルルクが登場します(たまげたなぁ)また、漫画でもピルルクの過去に焦点を当てたスピンオフ漫画も出ています。ここまでしておいてピルルクに強化を入れないと、企業としてはどうかと思いますよね。

 

 

 

【追記2】

アンチにはこの画像を送り付けるから、お覚悟を。

f:id:onodazz501:20170314223916j:image

マキオン

とりあえずまともな投稿をするのはこれが最初ですね。記念すべき(?)第1回のお題はマキオンです。

自分がエクバシリーズを始めたのはマキブの頃で(レギルスが開放された頃)かれこれ一年とちょっとが過ぎました。

月日は流れても腕は成長しません。未だに少尉の雑魚ですね…はい。

今のマキオンは個人的には低コ乗ってナイチンゲールとかのクソ3000にさえマッチングしなければ割と楽しめる環境なのでは…?と考えてます。

だから最近は30や25に乗ることが多いですね。クアンタとかアルケーとか。

 f:id:onodazz501:20160910220454j:image

↑クアンタ強いですね。

正直なところクアンタはシンプルな武装なのでかなり扱い易いです。格闘も強いですし動きますからカット耐性もありますし。手早く後格派生で打ち上げダウンとれますし。ただ初期耐久が620なのはネックでしょうか(クアンタムバーストがあるから実質720ですが)。皆さんも勝てないなーって思った時に気分転換でクアンタに乗ってみては如何でしょうか。

 

 

今の環境に対して申すならやはり機体性能格差でしょうか。とくに25と20(30もゴッドとかターンAとかノルンとか居ますけど)ですね。25は正直ギスⅡはサブ位は許してあげてもいいと思う。あとハイネ運命。あれは現状存在する意味ある?って感じの機体なので…初見殺しはできるけど対策は1回対面すればわかるから非常に哀しみを背負った機体です。

20はもう単純に今の高コストゲーについていけてない感じですね。今の環境上位にいる20は“射撃”がまともな機体だけなんで、まずはマトモな射撃武装をつけて欲しいところですがそうすると25性能になっちゃうので難しいところ…

15はもう職人なので頑張ってくださいとしか言えないですね()

これからバンナムがどんな調整をしてくるのか、そしてヤクト・ドーガがどんな性能をしているのか気になりますね。

あと友人がマキオンやめそうです。

以上、適当な雑記でした。

 

はじめまして

どうも、ディレイです。

本当に唐突ですがブログを初めてしまいました。

とりあえずはゲーム系の事について不定期で書いていきたいと思ってますのでよろしくです。

 

 

…これ以上書くことないなぁ。